>

生活するには欠かせないもの。それが医薬品

処方箋に書いてあること

処方箋にはたくさんの情報が詰まっています。患者様の氏名や生年月日などの基本的な個人情報はもちろん、保険番号や、処方箋を発行した医療機関や医師の氏名、最近ではジェネリック医薬品の可否なども記されています。薬剤師は処方箋を見て、医師が治療に必要とした医薬品の種類や用法などを確認し、適正かどうかを判断して患者様にお薬をお渡しします。ここでないように不備があったときは、医師に問い合わせをすることもあります。
処方箋は公的文書なので、どこの調剤薬局でも医薬品を受け取ることができます。ただし処方箋には4日以内という期限があるので、それまでにもらいに行かなくてはなりません。有効期限を延長してもらうこともできるので、薬局に行くことができないという人は医者に相談しましょう。

処方箋の必要性

医師が処方する薬は2種類あります。一つは「処方箋医薬品」です。これに分類される医療用医薬品は、遺志が治療上必要だと判断し、必要事項を記載した処方箋がなければ購入できません。もう一つは「処方箋医薬品以外の医薬品」です。これについても、処方箋医薬品と同じく医師と薬剤師によって患者様に供給されることを想定している医薬品です。
自分の症状が分かっており、ずっと同じ病気のためにわざわざ病院に行き、処方箋をもらうのは不便に感じてしまいます。しかし、お薬を服用する方への安全性を確保するためにはどうしても必要になってくることなのです。リスクの高い医薬品を誰でも購入することができてしまえば、副作用や耐性に関する問題が生じる可能性が高くなってしまうのです。


Share!
TOPへ戻る