>

処方箋なしでも買える秘密はどこにある?

薬の分類

薬局やドラッグストアで買うことが直接買うことができる医薬品は4つのカテゴリに分類されています。
一つ目は「要指導医薬品」で、その名の通り、直接薬剤師から問診と書面による直接指導が必要となります。したがって、通販で買うことはできません。
続いて、「第1類医薬品」です。副作用や相互作用で特に注意しなければならない医薬品が該当し、要指導医薬品と同じように薬剤師からの問診と直接指導が必要です。
次に、「第2類医薬品」です。購入時に特に問診や服薬指導は必要ありません。
最後に、「第3類医薬品」です。ほかの医薬品よりも安全性が高いので、店頭ですぐに購入が可能です。

「第1類医薬品」、「第2類医薬品」、そして「第3類医薬品」は通販での購入が可能です。

通販で医薬品を買うことができる仕組み

ドラッグストアやコンビニですぐに買えるのはほぼ「第3類医薬品」です。この第3類医薬品を店頭で売る時にも、いろいろな要件を満たさなければなりません。しかし、大手通販サイト「Amazon」では、「第一類医薬品」が購入できるのです。処方箋を必要としない代わりに、Amazonファーマシーという実店舗を持ち、薬剤師を常駐させることで販売を可能としています。第一類医薬品をかごに入れてレジに進むと、「ご使用者状態チェック」というページが出てきます。そこに利用情報を入力し、「お薬の説明と確認」というページで医薬品の注意事項を読んで質問の有無を選択します。会計手続きを行うと、薬剤師による確認が完了次第発送されます。

ほかにも、店頭では買いにくい排卵検査薬なども購入することができます。


Share!
TOPへ戻る