>

通販で医薬品を買う時に気を付けたいこと

通販で医薬品を買う時は

第3類医薬品は処方箋が必要な医薬品と比べ、効き目がマイルドで副作用が小さいため気軽に使用できますが、使い方を間違えたり、正しく使用したとしても健康被害が起きる可能性があります。また、ネット上では海外で製造・販売されている医薬品の個人輸入サイトもあります。正規品を取り扱い、丁寧にサポートをしてくれる会社ももちろんありますが、偽物を売っているサイトもあります。間違えて購入してしまわないように、以下のことに気を付けましょう。

・販売許可を受けている会社なのか確認する
・商品の説明や注意事項には必ず目を通す
・大量摂取の危険性が高まったり、転売などの悪用を疑われる可能性があるため、まとめ買いはしない
・妊娠中の女性やご高齢の方、小さなお子様など、注意が必要な方は事前に専門家に相談しておく
・副作用の疑いが少しでも出たら、すぐに医者に相談する

健康な生活を送るために

医薬品は、人々が生活を送るために欠かせないものです。近くに薬局がない、体が不自由な人などにとって、通販は便利です。インターネットさえ繋がっていれば、簡単に医薬品を注文して家まで送ってもらうことができます。また、医薬品を扱う業者も販売しやすくなりますが、その分自分に降りかかってくるリスクも大きくなります。無制限に販売が認められているわけでもありません。偽物を売るサイトもありますし、効果が期待できない海外サイトもあります。一番安心して医薬品を購入できるのは、やはり薬局やドラッグストアです。

薬剤師の話を聞きながら医薬品を購入するのが難しい場合でも、間違った情報を鵜呑みにしてしまわず、正しい情報をもとに安心できる医薬品を購入しましょう。


Share!
TOPへ戻る